お気に入りのカメラを片手に知らない街、いつもの見慣れた街を


by okumura_akio1208
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ここは紀伊長島の海野地区。
e0044775_22512626.jpg

こういう写真や桜の写真を撮っていたら・・・・・
何やら、ガァーガァー喧しい声が聞こえて来た。
ファインダーから目を離すと
e0044775_22554630.jpg

ガァーガァー鳴きながら、ちょこちょこ歩いて来る。
e0044775_22565889.jpg

追っ払っても、気にせずガァーガァー近づいて来る。
e0044775_2258536.jpg

池の畔では、喧嘩が始まった。
e0044775_2324532.jpg

e0044775_233525.jpg

長閑な、春の夕方でした。
[PR]
# by okumura_akio1208 | 2007-04-20 23:03 | 散歩

お寺

紀伊長島にある「大嶋山仏光寺」
別にどうってことのない田舎寺である。
e0044775_23291265.jpg

この町出身の人しかわからない、ごく普通の禅寺。
子供の頃から、何かあるごとに関わって来たお寺。
ここの境内で遊び、ここの保育園に通い、小学校に行くようになっても、ここで遊んでいた。
本堂の脇に、普段は使わない出入り口がある。
誰か身分の高い人が来た時に使う玄関らしい。
e0044775_23332121.jpg

境内の蘇鉄が、南国的・・・・・
昔に比べたら、木々がずい分大きくなっていた。
(40年も時間が経過すれば、当然)
本堂の天井に、時代劇に出て来るような長棒引戸の駕籠が吊ってある。
e0044775_23432160.jpg

いつ頃まで使っていたのだろう?
誰が乗っていたのだろう?お坊さん?でしょうねぇ~
この駕籠、保育園に行っていた頃から覚えがある。
[PR]
# by okumura_akio1208 | 2007-04-19 23:45 |

熊野街道

熊野街道、旧荷坂峠。
伊勢国と紀伊国を分ける峠です。
中世には熊野古道として有名な「ツヅラト峠」が使われていましたが、江戸時代初期には
この「荷坂峠」が本道になっていきました。
ここは火葬場の横から入るので、一人で歩いて行くのはちょっと勇気が要りました。
e0044775_21224672.jpg

標識が、現在の「紀北町」でも「紀伊長島町」でもなく、その前の「長島町」になっています。
e0044775_21271620.jpg

現国道42号が完成する昭和40年代初めまでは、この狭い道が国道でありバスやトラックが行き来していました。勾配が急でカーブが多く、42号線を文字って「死にGO線」とも呼ばれていました。
e0044775_21291442.jpg

現在の国道の荷坂峠からの風景
e0044775_21325661.jpg

ここから海沿いのルートになります。
e0044775_2133211.jpg

[PR]
# by okumura_akio1208 | 2007-04-16 21:34 |

民宿

親戚に不幸があり、故郷紀伊長島に行った。
昔と違い田舎の家も大きくはなく、どこかに宿泊するしかありません。
ビジネスホテルなどあるはずはないのですが、幸い紀伊長島には民宿がたくさんあります。
今回も、そのような一軒に宿泊しました。
黒潮おどる熊野灘に面した土地、夕食は料金の割りには豪華な料理が並びます。
e0044775_20404594.jpg

e0044775_2041584.jpg

e0044775_20412143.jpg

この民宿は、すぐ横に線路が走っています。
列車が通る度に、音が響きます。
しかし鉄道ファンには、堪えられない環境です。
民宿の部屋から、DD51の重連が見られます。
e0044775_20495818.jpg

e0044775_20501798.jpg

[PR]
# by okumura_akio1208 | 2007-04-15 20:51 |

DD51重連

全国でも数少なくなったDD51型ディーゼル機関車の重連が牽引する貨物列車です。
e0044775_0493414.jpg

地方幹線では貨物列車自体が少なくなり、30数年前にはD51やC57を廃車に追い込んだ
悪役機関車「赤鬼」こと、DD51型ディーゼル機関車も働き場所が少なくなりました。
e0044775_0525560.jpg

我が地元を走る、この貨物列車も深夜から早朝に走るため撮影可能となりのは
下り列車でも三重県南部のみ。
上り列車は事実上、撮影不可能です。
[PR]
# by okumura_akio1208 | 2007-04-15 00:55 | 鉄道

熊野街道

紀伊長島の古い町並み
国道42号の旧道でもある。
こんな狭い道を、バスが走っていた。
e0044775_20333795.jpg

e0044775_2033595.jpg

子供の頃、毎日歩いた道です。
[PR]
# by okumura_akio1208 | 2007-04-14 20:34 |

名残りの桜

そろそろ桜も見納めです。
まだ咲いている木もありますが、葉がかなり出て来ました。
コンパクトデジカメで撮影したもの
e0044775_22592645.jpg

デジタル一眼レフで撮影したもの
e0044775_22594458.jpg

[PR]
# by okumura_akio1208 | 2007-04-11 23:00 |

長島隧道

一般国道42号の旧道にあるトンネルです。
三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区(旧紀伊長島町)にあります。
旧道のトンネルですが、今も現役でクルマで通行出来ます。
e0044775_2112557.jpg

e0044775_2114685.jpg

明治44年12月竣工、全長316m。
トンネル坑口付近のみ煉瓦積み、それ以外は素掘りです。
また坑口のアーチ部分は五角形の自然石を組み合わせています。
ただし、現在は鋼材で補強してあります。
e0044775_2174424.jpg

e0044775_2194429.jpg

旧制三高(現京都大学)出身の岩井藤太郎技士による設計で、同じ路線上の海野隧道、道瀬隧道とともに、国の有形文化財に指定されています。
海野隧道、道瀬隧道は歩行者専用になっています。

このトンネル、20年くらい前に幽霊の噂がありました。
テレビのワイドショーでもやってました。
でも、ここはクルマで通行出来ますが、歩道専用の海野隧道、道瀬隧道の方が気味が悪いです。
[PR]
# by okumura_akio1208 | 2007-04-10 21:14 |

春の野

ぽかぽか陽気に誘われて、桜を見に・・・・・・
e0044775_193555.jpg

まだ少し寒い時もありますが、野原は春たけなわです。
e0044775_0593876.jpg

でも、踏んでしまいそうな足元にも花が咲いています。
小さな花ですが、一生懸命に自分を主張しています。
e0044775_172249.jpg

e0044775_122280.jpg

e0044775_124287.jpg

笑っているようにも思えます。
e0044775_132099.jpg

「咲く」という字には「笑う」という意味があるそうです。
                                         全てコンパクトデジカメで
[PR]
# by okumura_akio1208 | 2007-04-08 01:06 |

ハマダイコン

紀伊長島、三浦海岸の桜の木の下に自生していたハマダイコン。
e0044775_19592310.jpg

派手さはないけど、これはこれでかわいらしい花を咲かせていました。
e0044775_2002175.jpg

                                           以上、Caplio R6
同じ花を一眼レフで撮影すると・・・・・・
e0044775_203226.jpg

                                                K10D
色が違って写ります。
どうもリコーのデジカメは紫が青っぽく写る傾向が強いようです。
[PR]
# by okumura_akio1208 | 2007-04-06 20:05 |