お気に入りのカメラを片手に知らない街、いつもの見慣れた街を


by okumura_akio1208
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:旅( 119 )

綿向神社

今年の初詣は滋賀県の蒲生郡日野町にある「馬見岡綿向神社」に出かけた。
ここは、亥年生まれの人の神社として有名なところである。
今年は亥年、私も亥年生まれで、これはお詣りに行かないわけにはいかない。
e0044775_2144146.jpg
e0044775_2145448.jpg

司馬遼太郎の「街道をゆく」にも紹介されている猪の絵馬と福だるま。
この絵馬は12年に一度だけ亥年にのみ作られます。
e0044775_21165468.jpg

[PR]
by okumura_akio1208 | 2007-01-02 21:03 |

参宮線 田丸駅

JR東海参宮線の田丸駅です。松阪市と伊勢市の中間にあります。
この駅は普通列車しか停車しません。
快速「みえ」は夕方の一部が途中から各駅停車になるので停車します。
以前はキオスクもあったのですが、今はありません。
参宮線は伊勢神宮をひかえているので、戦前までは未電化ながら幹線扱いで複線(一部単線)でしたが、戦時中にレールを軍に供出したため全線単線になってしまいました。
今でもホームの長さが往時を偲ばせます。
e0044775_13441436.jpg
e0044775_13443295.jpg
e0044775_13444231.jpg

近鉄線は、もっと東側を走っているため、静かな町です。
江戸時代は小さいながらも田丸藩の城下町で、近くには田丸城跡があります。
駅前商店街も静かなものです。
e0044775_13495587.jpg

[PR]
by okumura_akio1208 | 2006-12-22 13:44 |

港市 その2

先日、田舎の親戚から大きな鰤を一匹丸ごと送ってもらったばかりだし、
伊勢海老は今が一番値段の高い時期だし・・・・・・
気軽に買えるのは、やっぱり干物。
その干物も、送ってもらったばかりだし・・・・・結局、買ったのはカマスの開き、サバの味醂干しくらい。
e0044775_1393881.jpg

十分、夕食のおかずにもなる肉厚のカマスの干物。
塩加減が難しい。私は薄味が好きだが、父などはかなり辛いのがいいみたい。
お土産に買った、「磯釜飯」
サザエ、アワビなどが炊き込んであって、美味しかった。
e0044775_146229.jpg
e0044775_1465365.jpg

[PR]
by okumura_akio1208 | 2006-12-19 01:47 |

港市

土曜日は、紀北町紀伊長島の「港市」に出かけました。
12月は、16日から24日まで9日間開催されるというので、父と母を連れて
故郷の町にドライブです。
e0044775_1274929.jpg

美味しい伊勢海老も・・・・・でも高い!
e0044775_128711.jpg

紀州の冬の風物詩、サンマの丸干し
e0044775_131438.jpg

秋の初めに三陸沖で獲れるサンマは脂が乗って美味いですが、私はその脂がダメなのです。
冬に紀州沖まで来るサンマは脂分が抜けて、丸干し、味醂干しに最高の素材になります。
また、紀州名物のサンマ寿司にもなります。これらは大好きです。

紀伊長島に着いてクルマを降りて、すぐに「○○さぁーん」と呼ぶ声が・・・・・
なんと、ブログ仲間のhamaboさんでした。
hamaboさんは、小学校の教師をしていた母の教え子です。
50年ぶりに、元教え子に会った母は嬉しそうでした。
[PR]
by okumura_akio1208 | 2006-12-17 01:38 |

ファランボラーン駅

またしても、バンコク紀行なのだ。
バンコクの中心駅、ファランボラーン駅。
物好きな私は、オプションツアーは断りホテルから歩いて、この駅へ。
道に迷いながらも、何とか到着。日本語はもちろん英語も通じなかった。
e0044775_0522828.jpg

切符を買うのも一苦労・・・・・
e0044775_0533312.jpg

これから、タイ国鉄の鈍行でアユタヤへ、ってかぁ?
本当は、何でもええからタイの鉄道に乗ってみたかっただけ。
だから、次の駅で降りるのです。
この「次の駅までの切符」を、売り場の駅員に理解させるのにどれだけ時間はかかったことやら・・・・・鉄道警察まで登場して、ようやく意味がわかり切符を手にした。
そして、ホームへ・・・・
[PR]
by okumura_akio1208 | 2006-12-07 00:53 |

チャオプラヤー河

数年前にタイを旅行した時の写真です。
どうにも、私はどこに旅行しても、ごく普通に行く名所・観光地がなじまないのです。
この時も、こんな写真ばかり撮っていました。
e0044775_131210.jpg

バンコク市内を流れる大河、チャオプラヤー河の水辺にある家
高級ホテルもいいけど、こういう家にも泊まってみたい気がします。
e0044775_132744.jpg

川岸にある廃墟、昔はホテルだったのか?お金持ちの別荘だったのか?
船から見ても不気味な感じでした。
この時、使用したカメラはCONTAX G2でした。
レンズはビオゴン28mm、プラナー45mm、ゾナー90mmの3本を持って行きましたが、90mmは結局使わなかったと思います。ほとんど28mmを付け放しだったようです。
e0044775_1143084.jpg
どこかのブログに刺激されて、また行きたくなりました。
[PR]
by okumura_akio1208 | 2006-12-06 01:03 |

山に赤い葉がなる木がありました。
e0044775_21395140.jpg
e0044775_2140860.jpg

                                               ist DS2
珍しく一眼レフで、撮ってみました。  
[PR]
by okumura_akio1208 | 2006-12-04 21:41 |

里の秋

やわらかな秋の日差しの中で、のんびりした山里がありました。
e0044775_23111744.jpg

海辺の漁師町で生まれ育ったせいか、こういう山里にあこがれます。
[PR]
by okumura_akio1208 | 2006-12-02 23:12 |

もみじ

今日は天気がいいので、近くの山に出かけてみました。
今年の紅葉は諦めていたのですが、期せずして見事な紅葉に出会いました。
e0044775_21181010.jpg

e0044775_211826100.jpg

久しぶりにGR-Dです。
やはり小さくても、広角では一眼レフに勝るカメラです。
[PR]
by okumura_akio1208 | 2006-11-30 21:20 |

黄昏時

短い秋の夕暮れ、まもなく夜の帳が降りようとしています。
警報機が鳴って、ヘッドライトを点けたローカル列車がやって来ました。
e0044775_1393718.jpg

まもなく駅です。
今日も一日が終わります。
[PR]
by okumura_akio1208 | 2006-11-26 01:40 |