お気に入りのカメラを片手に知らない街、いつもの見慣れた街を


by okumura_akio1208
カレンダー

2006年 11月 14日 ( 2 )

加太越え 続編

紀勢本線の荷坂峠が早くディーゼル化されたのに対して、
関西本線の加太峠は遅くまでD51の独壇場でした。
勾配の割に、トンネルが少なかったのが幸いしたのでしょう。
e0044775_21592782.jpg

e0044775_221316.jpg

e0044775_2221663.jpg

この加太越えから煙は消えて、33年です。
もう一度、加太越えのD51を見たいと思うのは私だけではないでしょう・・・・
でも、復活運転となれば、派手に塗装した機関車が今風の客車を引っ張るイベント列車でしか
ないわけです。
そんなD51を見るくらいなら、思い出の中だけのD51であって欲しいという気もします。
[PR]
by okumura_akio1208 | 2006-11-14 22:03 | 鉄道

記憶の街

生まれた頃、住んでいた家はもうありません。
小さな借家でした。今は、更地になり駐車場になっていました。
e0044775_0415118.jpg

当時の家の前には駄菓子屋がありました。
ここの家には、昼間いるのは日曜日だけでしたが、この駄菓子屋にはよく行きました。
通称「染さんとこ」という店で、今も建物は当時のまま残っています。
e0044775_0485969.jpg

もちろん、染さんというおばちゃんもおじちゃんも、何十年も前になくなったそうです。
うちが引越した後、妹が生れ、お祝いに来てくれた時に会ったのが最後でした。
e0044775_052933.jpg

                                       昭和36年春撮影
背景の建物が、2枚目の建物と同じです。
46年前です。塀から覗いている、悪ガキ二人は私と隣の克ちゃんです。
(右が私)
昭和60年頃までは住んでいた家も残っていました。ここに昭和34年12月から昭和38年3月まで住んでいました。 昭和60年に撮影したもの。
e0044775_059480.jpg
        小さい頃、よく遊んだ「染さんとこ」の裏
e0044775_12857.jpg

ここで、近所の小学生のお姉ちゃんに遊んでもらってました。
また、そのお姉ちゃんの家にも行ったことがありました。
大きなコリーを飼っていて、「ラッシーのお姉ちゃん」と呼んでいました。
その人が、誰だったのか、つい最近わかりました。
ブログ仲間のitsukiさん、みゅうママさんの同級生でした。
かつては国道42号線でしたが
今は、昼間でも静かな通りです。
e0044775_162962.jpg

私にしかわからない遠い記憶です。
[PR]
by okumura_akio1208 | 2006-11-14 01:12 |