お気に入りのカメラを片手に知らない街、いつもの見慣れた街を


by okumura_akio1208
カレンダー

2006年 08月 26日 ( 2 )

ひし伊北店 つづき

次はお吸い物
e0044775_15113136.jpg

なんと、もう松茸が・・・・
松茸としんじょうと三つ葉のお吸い物。

五品目
お造り
e0044775_15144952.jpg

鱧落し、鯛、蛸。
京都の夏と言えば、この鱧落し。鱧落しが好物なことを覚えてくれていて、夏は必ず出してくれます。さすがに、この店の鱧落しは骨切りが上手くて絶品です。
鯛、蛸は明石のもの。これまた、好きな茗荷も付いてるし・・・・
e0044775_15205276.jpg

刺身のつまの穂紫蘇。かわいい花です。

六品目
冷たい野菜の焚いたん
e0044775_15245583.jpg

加茂茄子、里芋、こんにゃく、車海老、さざえ、生麩
ゴマ風味でおいしかった!

                              つづく
[PR]
by okumura_akio1208 | 2006-08-26 15:28 | グルメ

太秦 ひし伊北店

鳥居本で撮影していたら、辺りはもう暗くなっていてお腹も空いてきた・・・・
「晩ご飯、どうしよう?」
「知らん店入って、おいしくなかったら嫌やし」
「あんまりお金ないし・・・・そやけど、ひし伊行きたい!」
「そうやな・・・・ここからやったら近いしな」
と、いうことで太秦の「ひし伊北店」へ。

ここは京都に住んでいた頃から、ちょくちょく来た割烹です。
太秦という場所柄、俳優さんがよく来る店です。
ご主人自身も、ときたま時代劇、ドラマに料理指導として出ています。
その割に、値段がリーズナブルなのです。
今年の春から体調を崩して、4ヶ月ほど店を閉めていました。

「おいでやす、久しぶりでんな。いつものいっときましょか?」
「いや・・・いつもより、ちょっと軽めで・・・・」
「わかりました。そやけど、鮎はつけときますわ」
「うん、鮎食べたい!」
と、ご主人にお任せ。
この店は、安心してお任せが出来るから嬉しい。

一品目
冷たいカボチャのスープ
e0044775_145454.jpg

中に浮かんでいるのは「じゅんさい」。洛北、深泥池の特産。

二品目
掬い豆腐
e0044775_1494153.jpg

きぬこしより、さらにやわらかい豆腐です。

三品目
八寸
e0044775_1521413.jpg

左上 鱧寿司  右上 ヤマモモのワインぜりー
左下 流れ子の煮付け 右下 ズイキの土佐酢漬け
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by okumura_akio1208 | 2006-08-26 01:55 | グルメ