お気に入りのカメラを片手に知らない街、いつもの見慣れた街を


by okumura_akio1208
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

兵どもが夢の跡

旧「伊勢電鉄」の路線跡に残る橋台。
もう、この上に線路が敷かれることも電車が走ることもありません。
e0044775_2335637.jpg

複線用の頑丈なコンクリート構造物です。
この上を電車が走ったのは、昭和6年から10年と少しの間だけです。
e0044775_2344877.jpg

「伊勢電鉄」は、大正から昭和初期に三重県に存在した私鉄です。
当初、県庁所在地の津と北部の主要都市四日市を結んで開業。
大正末に電化。
北は桑名まで延伸、さらに系列会社の「養老電鉄」が岐阜県の大垣まで開業して
国鉄東海道本線と接続した。
南は松阪を経て伊勢、大神宮前まで開業。
桑名~大神宮間に特急「旭」号を運転するも、折りしも世界恐慌の時代になり
メインバンクの四日市銀行が経営難に陥り、支援が受けられなくなり経営破たん。
その後、ライバル会社の「参宮急行電鉄」に買収された。
松阪~大神宮間は、国鉄参宮線、参宮急行電鉄と競合していたため、昭和17年に廃止。
松阪~江戸橋(津市)間は、昭和36年に廃止。
江戸橋~桑名間は、ほとんどが現近鉄名古屋線となっている。

よほど、鉄道が好きな人でなければ興味のない記事です。
[PR]
by okumura_akio1208 | 2007-02-04 23:21 | 鉄道