お気に入りのカメラを片手に知らない街、いつもの見慣れた街を


by okumura_akio1208
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

記憶の街

生まれた頃、住んでいた家はもうありません。
小さな借家でした。今は、更地になり駐車場になっていました。
e0044775_0415118.jpg

当時の家の前には駄菓子屋がありました。
ここの家には、昼間いるのは日曜日だけでしたが、この駄菓子屋にはよく行きました。
通称「染さんとこ」という店で、今も建物は当時のまま残っています。
e0044775_0485969.jpg

もちろん、染さんというおばちゃんもおじちゃんも、何十年も前になくなったそうです。
うちが引越した後、妹が生れ、お祝いに来てくれた時に会ったのが最後でした。
e0044775_052933.jpg

                                       昭和36年春撮影
背景の建物が、2枚目の建物と同じです。
46年前です。塀から覗いている、悪ガキ二人は私と隣の克ちゃんです。
(右が私)
昭和60年頃までは住んでいた家も残っていました。ここに昭和34年12月から昭和38年3月まで住んでいました。 昭和60年に撮影したもの。
e0044775_059480.jpg
        小さい頃、よく遊んだ「染さんとこ」の裏
e0044775_12857.jpg

ここで、近所の小学生のお姉ちゃんに遊んでもらってました。
また、そのお姉ちゃんの家にも行ったことがありました。
大きなコリーを飼っていて、「ラッシーのお姉ちゃん」と呼んでいました。
その人が、誰だったのか、つい最近わかりました。
ブログ仲間のitsukiさん、みゅうママさんの同級生でした。
かつては国道42号線でしたが
今は、昼間でも静かな通りです。
e0044775_162962.jpg

私にしかわからない遠い記憶です。
[PR]
by okumura_akio1208 | 2006-11-14 01:12 |